« この世の天國 | トップページ | 世の中で めでたきものは そば うどん »

2009年9月27日 (日)

こんな小春日和の穏やかな日は~

染みてきますなあ。百恵ちゃんの声が!!

ああ、遠くへ行きたい。そこに温泉があればなお好し。

 

 

ワタクシ何を隠そう風呂は嫌いながら温泉と遠出が大好きでして。

 

 

 

初めて草津に行った時感銘をうけまして。

Img_0266  F7e68e14

 

おおなんということだ俺が今まで温泉だと思っていたものはあんなもん温泉ではなかった。

温泉のほーんの一端でしかなく東京都で言えば町田市みたいなもんだった、と思っちまいまして。

 

 

 

”温泉”ってのは文化全部を指しますね。

お湯、街、歴史、そこに行こうとする人の気持ち、とか全部で”温泉”と呼ぶのか、と。

なんもかんもが素敵であると。

 

 

 

特にあの温泉街が素敵ですな。

街の共同浴場(草津とか野沢の場合タダで入れる銭湯的な物)とか。

端的に言うと寂しくない!!

みんな友達とだったり恋人とだったり来てて、地元の人だったり。孤独を感じている人がほぼいない。

人類最大の敵である寂しさがいない。常に空気が楽しくてみんな楽しい、と。

 

愛とは知ることですから。

君が僕を知ってる、とゆうだけで寂しさのつけ込む余地の無い愛を温泉街は蓄えている、と。

 

 

 

草津良いとこ一度はおいで、とはよく言ったものですな。温泉観変わるぜ。

 

とゆうだけのコラムでした(゚▽゚*)

 

Matinami

ちなみにこの写真の左に写ってる龍燕とゆう中華料理屋の生ビール。

今まで飲んでいたあれは生ビールではなかったと思うほどうまいです(笑)

オカルトではなくマジで。馬鹿な!?と。

 

盛大に騙されてビール飲みに草津まで行っても損はないぐらいには。

 

草津でライブがやりたい。

 

馬浪マラカス団;http://hp8.0zero.jp/118/umainaa/

|

« この世の天國 | トップページ | 世の中で めでたきものは そば うどん »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1255221/31534596

この記事へのトラックバック一覧です: こんな小春日和の穏やかな日は~:

« この世の天國 | トップページ | 世の中で めでたきものは そば うどん »